スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reader Song Love Letter

2011.10.14 22:08|CDら・わ行
Reader Song Love Letterを聞きました。

 

内容
有名な洋楽ヒットソングの曲をギターやピアノで演奏。
その歌詞を有名声優が朗読。
新たな朗読詩の世界を貴方に・・・

収録曲・1

1.愛に溺れて〜LOST IN LOVE  藤原啓治
2.僕がその人になる〜THE ONE  岸尾だいすけ
3.スカイ・ハイ〜SKY HIGH  津田健次郎
4.君らしく〜BABY I LOVE YOUR WAY  石田彰
5.SUGAR TOWN  速水奨
6.君だけのために〜A SONG FOR YOU  浪川大輔
7.煙が目にしみる〜SMOKE GETS IN YOUR EYES  井上和彦
8.BEAUTIFUL DREAMER  置鮎龍太郎
9.LONDONDERRY AIR  櫻井孝宏
10.君はとても美しい〜YOU ARE SO BEAUTIFUL  木内秀信

収録曲・2

1.I NEED YOU  浪川大輔
2.セイリング〜SAILING  木内秀信
3.SCARBOROUGH FAIR  井上和彦
4.GET OUT OF MY LIFE  櫻井孝宏
5.シェイプ・オブ・マイ・ハート〜SHAPE OF MY HEART  岸尾だいすけ
6.ALOHA OE  速水奨
7.さよならロンリー・ラヴ〜EVEN THE NIGHTS ARE BETTER  藤原啓治
8.このままで〜DON’T ANSWER ME  石田彰
9.YOU AND I  置鮎龍太郎
10.もう一度始めよう〜BACK AT ONE  津田健次郎


感想
はっきりと申し上げて!!
私は、洋楽はよく解りません(大笑)
じゃあ、邦楽は解るのか?と言われたら、まぁ・・・そちらも怪しいですが。
ただ、歌える曲が皆無ではない!(こらこら)し、歌詞も英語混じりじゃなければ、まぁ・・歌っている意味が解らないわけじゃない・・・

今の歌は、知らない曲も多くはなりましたが。
それでも、昔の曲は結構歌えるし(大笑)
アニメソングや唱歌に童謡などなら(おーいい・・・・・)昔歌った曲は、おぉお!と今でもすぐに歌えたりします(・・って、範囲狭くない?)

でも、英語の曲って。メロディは良く聞くし。
あぁ!!知ってる!!と言う歌でも。

歌える部分って、有名なさび部分だけ(ここ、ポイント)であったり。
繰り返される単語であったり(大笑)

それ以外って、こう・・・なんとなく聞き流していると言いますか。
歌も、メロディと一緒に。曲の一部としてそのまま聞いているだけと言いますか(大笑)

雰囲気??で聞いている・・・で、伝わりますかねぇ?

ソミュラが歌えるのは、ミュージカル映画のドレミの歌(英語版ね)とか、雨に唄えばだったり(大笑)
どんなんや・・(大笑)

あぁ、ワム!のフリーダムやラストクリスマスも一部は歌える(大笑)
サイモンとガーファンクルの歌で、映画の卒業に使われたサウンドオブサイレンスも。
出だしだけ歌えるとか・・



って。それは歌えると言う範疇じゃない気がしますねぇ(大笑)

でも、日本語の歌だって。
有名なさび部分は解って歌えるけど、後はハミングだったりふんふんふーーん〜〜(大笑)で誤魔化して歌う事、ありません??
さび部分以外は知りませんでした!って曲もあるんだし(大笑)
・・あ、だんだんと情けなくなってきましたねぇ(^^;

ま、そんな状態の私が聞いたわけです。

え?それはおまえだけだろう?
私は、英語の歌もペラペラ歌えるし、意味も解ってる!!と言う方には。
この感想は、通じないかな?と思います。
先に謝っておきます。ごめんなさい・・・


さて!!
今回の、歌を朗読する・・と言う。新たな企画ですが。
曲は、私でさえ(大笑)聞いたことがあるなぁ!
あ、このタイトルは知ってる!と言う曲が入っていたのは嬉しかったですね(^-^)。

まぁね・・・ALOHA OEは、それこそふにゃら〜〜ふにゃふんふん(大笑)程度の知っているですけれども。

歌詞カードに、何年に流行った有名な曲!と説明や解説がありますが。
え?こんな歌、有名って言われても知らない・・ってのも何曲かあります。

知らないと思って聞いていても。
あれ?曲は聞き覚えがあるような気がすると言うものもありました。
(他は、やっぱり知らなかった(大笑)でした)

ただ・・曲の聞き覚えがあると言ったところで。
今回、曲の伴奏はギターなどで朗読の妨げにならない程度なので。

あ・・ここまで出かかっているんだけどな・・
これ、この曲さ・・あぁ、もうちょっと伴奏をメインに聞かせてくれたら!!
もっと良く思い出すかもしれない(あらら)
と、ちょっとジレンマ(大笑)

そんな柔らかなBGMにのせて、歌詞を朗読して下さるのは。
10名の声優さんです。

歌詞の雰囲気や内容通りに、投げやりなムードで朗読されている方。
淡々と朗読している方。
朗読とはいえ、お芝居なんだ・・と感じさせてくれました。

1枚目と2枚目で声の調子や、読み方のスタンスが違う方もいらっしゃいました。
そこは、やはり役者さんが読む「歌」と言う事になるのでしょう。

しかし。
歌って、さび部分って繰り返しの歌詞が多くありません?
そこも忠実に再現されているので。
同じ歌詞を何度も朗読されている曲もありました。

詩とは違って、あぁ・・そこは歌の歌詞だな・・と痛感しました。

そして。
今回、一番のびっくりは!!

この歌って、こんな意味の曲だったのぉおおお??!!!
でした(大笑)

1では。津田さんが読んだ「スカイ・ハイ」
(津田さんがスカイハイってところで、ちょっと一人で受けていましたけども)
プロレスラーの登場曲にも使われたことがある曲で。
曲は、明るいと言うかテンポが良い歌なのですよ・・

関係ないけど、面白がって画像(゜゜)\バキッ☆


この歌は、私は学生時代に好きで。
歌詞カードをノートに書き写して。覚えたことがあり。
そこそこ歌える(大笑)曲の一つなのです・・・・

でも、英語の単語の意味をあまり追究していないと言いますか・・・
リーズンホワイ?などと口ずさんではいても。
それらが集まった時、こんな悲恋の曲だったのぉお?(大笑)

曲から受ける、ハッピーなラブソングとはほど遠い!!
え?こんな歌だったの?
えぇえええ・・(しつこい)

2では、井上さんが朗読したスカボロー・フェアがびっくりソングでしたねぇ・・・
サイモンとガーファンクルの歌として。映画「卒業」にも使われた曲で。
CDを持っています。



井上さんの朗読を聞いて。
あれ?こんな歌詞だったの?(おい)と、CDを引っ張り出してきました(^^;
そうしたら、確かに。そういう歌詞でした(こら)

だって〜
私が英語で覚えていたのって、出だしの一文だけ(大笑)
日本語に訳すと、スカボローフェアに行くの?の部分だけだったんですもの!

歌詞に何度も出てくる「パセリ、セージ、ローズマリー、タイム」
とハーブの名前の繰り返しは、英語の曲にありましたっけ??状態で、CDの歌詞カードを引っ張り出したなら。

確かに、出てくるのよ・・・orz

そして。
今更なのですが。

この歌が反戦の為に作られた曲で。
井上さんが、今回朗読したのは表の部分。
詠唱部分の歌詞は、今回は朗読されていない事も知りました。

でもねぇ〜
皮の鎌で草を刈って・・
そうしたら、恋人に戻ることが出来るから・・

よりを戻そうなんて、思ってないだろ!?と聴いた段階では思いましたが。
反戦の歌と隣り合わせで発表されたのなら。
この歌詞は、まだ違った側面を持ってきそうです。

今回、ちょっと新たな朗読の形態を堪能しましたが。
声優さんが読んだ日本語の訳詞以外にも、英語の歌詞が書かれていると。
比較して勉強も出来ただろうにな・・と、そこが残念です。

著作権などで、ダメだったのかしら?

一番は、本歌を入れておいてもらえると(大笑)
聞き比べも出来たし。
歌が著作権でもっと拙いなら。
曲だけでも!!一番分だけでも(こらこら)入っていたら。
曲をもっと思い出せたかな?なんて思っています。






スポンサーサイト

ラブ☆トリップ これってハネムーン? 京都・沖縄・金沢を聞いて・・・

2010.03.09 22:53|CDら・わ行
ラブ☆トリップ 〜これってハネムーン?〜
京都編・沖縄編・金沢編を聞いて



ラブ★トリップ 〜これってハネムーン?〜 京都編


ラブ★トリップ 〜これってハネムーン?〜 沖縄編


ラブ★トリップ 〜これってハネムーン?〜 金沢編

*先ず最初に・・お断りしなくても・・・の注記ではありますが。
この感想は、あくまで個人の主観によるものです。
なので、えぇ??そういうところが良いんじゃない?と言う別の見方もあるかとは思いますが。私個人が、どう思ったか・・・で書かせていただきます。


今、発売されている京都・沖縄・金沢を聞きました。
メインキャラクターが、聞いている人=彼女あるいは、主人公を相手に。
一人芝居?に近い独白や語りかけをするドラマCDは、最近多いですので。

正直、その舞台を旅行先にしちゃった作品なのね・・・と思っていました。
って事は・・・全都道府県でシリーズを作ることが出来て、凄いことになっちゃう?
なんて思っていましたが(大笑)

全部が全部、メインキャラがイヤホン(ヘッドフォン)を付けて聞いている彼女に対して、語りかけて、甘く囁く・・・と言うだけではないんですね。



このCDは、旅行会社P&Cトラベル(ポニーキャニオントラベルってか?)を舞台として成り立っています。
なので、旅行に行くまでは。
旅行に至るまでの経緯が、ドラマとして聞くことが出来まして。
その時の彼(彼女は知ることが出来ないはずの舞台裏)を堪能出来ると言う仕組みです。

最初の第一弾では、新人社員の水原くんがメイン。
あまりに忙しすぎて、まだ学生の彼女とあまり会うことも出来ない状態の時に。
秋の京都に旅行に行くこととなり・・・
そこで、ラブラブ旅行を楽しむと言うお話でした。

第二弾の沖縄は、水原くんの頼れる先輩・高遠くんがメイン。
水原くんに刺激され。どこか旅行に行きたいなぁ〜〜と思ったことと。
溜まった有休消化で、沖縄にぐうたらリゾートに行く事に・・・
その旅先のホテルのロビーで、元彼に宿泊をキャンセルさせられた女性に出会い・・・
と言うお話。

その第二弾の冒頭。水原くんが接客していた会社員の男性がメインの第三弾・金沢編。
大学時代から、8年間の付き合いの彼女との旅行をする事になった木島さん。
彼女も彼も、仕事熱心だったから・・・と言うカップルです。

第四弾の北海道は、水原くんと高遠くんの上司である佐々木さんが旅行に行く事になって。
第五弾の三重は、お客様の入野くんが旅行に行くのねぇ・・・

で!!個人的な好み?第一位?は!!
第三弾の金沢編です。

え?石田さんメインの京都じゃないの?と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが。
観光旅行をメインとするなら、観光地と風景が見えてくるような京都編は素晴らしいです。

しかし・・・
石田さんが演じる水原くんは、若いんですよ(大笑)
だから、もう滅茶苦茶彼女に甘い!!
とろけそうなほどに甘い!!
手を繋いで歩くことも、あまり抵抗ないし。
むしろ、そういう嬉し恥ずかしの台詞満載で。
どっちかと言うと、旅行先のバカップル(゜゜)\バキッ☆・・・

年齢的なものがあるかもしれませんが、何かと言うと。
彼女の可愛らしさに「大事にしたい!!」と思ったりするし・・・
小母さん、照れてしまうのよ〜〜

まぁ・・自分が彼女と思いこんで聞いたなら。
石田さんが甘甘に大切にしてくれますし、何かと言うと可愛いと褒めてくれるから。
こっぱずかしい・・・(大笑)

第二弾の沖縄は・・・
観光ガイドにするには、高遠くんがホテルから外出しないから。
沖縄の首里城とか、ひめゆりの塔とか・・・そういう所には行ってないし。

そもそも、特定の彼女を持たなかった彼が、旅先のホテルで出会った彼女(=私?)に。
一緒の部屋に泊まろうとか、一緒に行動しよう・・と持ちかけるんですね・・・
しかも、彼女(=私)は、同じ職場の彼氏が居たのだけど・・・と言う設定。

うーん・・・・妙齢の女性が、いかに旅先のアバンチュールを楽しむと言っても。
見知らぬ男性の部屋に泊まるかなぁ??
しかも、行動を一緒にするか・・と思ったら。

お母さんは許しませんよ!!(大笑)的な考えになっちゃって(^^;

観光地にも行ってないし。設定が、ちょっとねぇ・・・
うーん・・・うーんん・・
私は駄目です。

で!!第三弾の金沢は。
小野大輔さんが、良いねぇ・・・

彼女とは、8年の付き合いがあるものの。
一緒に旅行した事もないし、お互いに仕事優先で。バリバリ働いてきた!!

彼女と一緒の旅行と言うので、親身になってくれた水原くんを面白がったりしていますが。

その彼女が、旅行初日に上海に居る・・・・
二人で最初からしっぽり・・じゃない点で、これはこれで楽しいのです。

何しろ、一緒に見るはずだった観光地の写真付きメールを送信したり。
そのメールを通じて、彼女の新たな一面を知る・・と言う設定。

二日目からは彼女も合流して、そこからは。
照れながらも、ちょっとバカップルをやっていますが。

そのバカップル行動を取る時に。
滅茶苦茶、照れまくっているんですね!!
バカップルみたいじゃないか!と、素みたいに照れたり、独り言を言うシーン!!

そこが、臆面もなくバカップルぶりを発揮した第一弾や、自制心を総動員して発揮した第二弾とは違って。
聞いているこちらが、つい微笑みたくなってしまうのです。

この木島さんの視点で、旅行会社社員としての水原くんのそつない対応ぶりや。
その・・実は・・と言うシーンの可愛い石田さんが堪能出来るんですもの!!
これは、一粒で二度美味しい!って感じなのです。

おまけに!!
金沢の味覚と言うところで。
マジで、あぁ・・・金沢に行きたい〜〜
お寿司が食べたい〜〜〜〜

と思ってしまったくらいです。
沖縄・・・沖縄名産のゴーヤとかチャンプルーとか出なかったものね・・・

帯じゃないですが。すげぇな金沢。ブラボー金沢!!
と思ってしまうから、凄いCDです。

個人的に金沢編が一番楽しめましたが。
CDとして聞く場合。

京都を知っていると、もっと楽しめる!!
沖縄を知っていると、水原くんが高遠さんに救援を求めた裏話が楽しめるし。

どこから切り取って聞いても、問題はないと思いますが。
出来れば、順序良く聞いたら。
もっと楽しめることは請け合いです。

ただ。3枚が3枚とも、最後の最後は、彼女とメイクラブしちゃう寸前の甘い雰囲気です。
そういう甘い台詞が駄々洩れしていますので。。。
小母さんとしては、もう・・もう・・・うきゃあああ!!?
ここだけは、ヘッドフォンないしはイヤホン必須!!ですよ!

だとしたら。
北海道と三重も、そういう関係になっちゃうのねぇ〜〜
様子を見るつもりでしたが・・・困りました(と、金沢編の水原くん口調で)







Last Order

2008.06.05 20:40|CDら・わ行
石田さんが受け!と言うので、かなり前(5年以上前)に購入して。その当時に速攻聞いたのですが。
えーっと・・どういうお話でしたっけ?みたいな、うすらぼんやりとした覚え方の作品でした。先月、久しぶりに引っ張り出して感想をまとめてみました。

古いCDのはずですね・・。何しろ、えーっと1997年ですか?神奈さんが林さんの時なんですね・・・しみじみ・・・

あらすじ・・・とある事情から、家を出る費用を稼ぐためのアルバイト先のファミリーレストラン。そこで、志方真弘が出逢ったレストランのチーフは、なんと、年齢を誤魔化している(レストランチェーンの子息)学院の可愛い後輩の高宮明紀だった・・。紆余曲折を経て、明紀と恋人同士になった真弘を待ち受けていたのは、父親との確執だった・・・。

キャスト・・・林延年(高宮明紀)×石田彰(志方真弘)

沢木郁也(志方弘)、小野健一(志方一弘)
岡野浩介(志方善弘)、中田雅之(タクシーの運転手)

感想・・・えーっと・・夜月桔梗さんのファンで。この作品をこよなく愛している!!と言う方は、回れ右して下さいね・・。
原作知らないで聴いたら(って、この原作探しても見つからなかったので、諦めました。と言うか。。なんだか、今更って感じでして)こうなっちゃいました!なので。
原作を知って聞いたら、また別の感想も沢山あるとは思うんですよ。
でも、とりあえず、このCDしか知らない人間には、こう感じられた・・・と言うものです。


石田さんファンとして聴くのなら。石田さんと林(神奈)さんしか喋ってないってくらい、登場人物少ないので。そういう意味に於いては、モノローグに台詞に・・と美味しい?作品と言えるのでしょう。

そりゃね、石田さんが客寄せパンダ(゜゜)\バキッ☆で、あまり喋っていないCDもありますよ?うわぁ・・どこにご出演?と耳をダンボにして聴いている作品も多いですし、えぇ?二言だけ?なんてCDもあります。
それを考えたら、これだけ語っているCDは、お勧め星を沢山付けたくなるのですが。語っている量イコールお勧めじゃないんだなぁ。
へそ曲がりなんでしょうかね?

とにかく声を沢山聴けたら良いのと言う見方をしたら、これは良いCDです。花丸です。でも、お話はねぇ・・どうでも良いやCDです。
だから、お話をメインで聞きたい!と言うドラマ好きな方には、お薦めは出来ません(きっぱり)。

石田さん受けの作品と言う割には、結構記憶に残らない作品だったなぁ・・(゜゜)\バキッ☆。いやいや、一応801シーンはあるのにあまり印象が強くなくて。
複雑な家庭の僕が、恋人を得て、自分の居場所を見いだして。父親とも和解し。さらに一歩前に進みました!と言うお話だったな・・でお終いで。

今回、聞き直すにあたって覚えていたのは。「そう言えば、墓参りのシーンがあったっけ・・」くらいでして。
それだけかい?覚えていたのは?って感じですね。

でも。今回感想のために聞き直しをしたのですが。こうして感想を残しておかなかったら(そうです・・この感想と言うのも、自分のための覚え書き的要素が大きいんです)きっと何年かしたら、「あれは・・えーっと、どういうお話でしたっけ?」と記憶に残ってないかもしれません。
余程インパクトがある酷い話か(゜゜)\バキッ☆、素晴らしい作品でなかったら。スルーされちゃうのよねぇ・・(^^;。

さて。今回、聞き直しての一番の感想は。詰め込みすぎ!でした。
真弘と明紀の出逢いのシーン、最初のHの翌朝も描いて。それから、クリスマスの夜の801シーンも描いて。クリスマス当日から、真弘が6人兄弟の三男坊で。下から二番目なのに、一人だけ母親が違うと言う葛藤と父親とのあれこれを描き。
真弘の受験になり、合格発表と父親が真弘の母親について語り、確執が少しなくなりました・・。そして、亡くなった真弘の母親の墓参りに行く・・と言う内容になるのです。
確かに、真弘が恋人を得て、父親と和解し、人として一歩前進すると言う1年弱の物語として見るのなら。全部が不可欠な要素だとは思いますが、テンポが悪いのよねぇ・・。
どれもこれも、大事なエピソードだとしても。うーん・・ばらけていて、散漫な印象しか残らないんですねぇ・・。
他にも、長期戦(それこそ何年もの歳月に渡っての恋のお話など)を聴いているので。1年くらいなら、そんなに長い時間じゃないはずなのに・・なぁんか、長い!と思ってしまっていました。

次の感想は、こんな高校生は嫌ぁ!(大笑)と言う感想でしょうか?
真弘くんはおいといても。彼の恋人である明紀くん・・。年上の恋人のためにも、家庭内で彼が求められている立場からしても、本人も一足飛びに大人になりたいのでしょうが。
折角のティーンエイジャーだと言うのに、君はどこのおっさんよ?年月が経てば、君だって嫌でもおっさんになるんだから。今、まさに青春時代におっさん臭くならなくても良いのに・・あぁ。勿体ない(゜゜)\バキッ☆
年齢を誤魔化していても、ばれないだけの事はあるわねぇ・・。大人びて見えると言うのじゃないわね・・この子は、きっと気持ちがもう大人なんでしょう。
でもねぇ・・社交辞令にしても、志方父との会話は、あまりに如才がなさすぎて・・・これが本当に高校生の台詞か?と唖然としました。
いや・・・この発売当時はどうだったかはおいといて(゜゜)\バキッ☆今だったら、社会人も使わないぞ!と思ってしまいましたわ。いや・・・・当時の高校生は、今は社会人になっているはずだから。今の社会人イコール当時の高校生じゃないか・・やっぱりあり得ない!つーか、当時の社会人は使えたのかなぁ??あははは・・・
今度、食事でも一緒にしよう・・と誘われて
「ご都合の良い時にご連絡をいただけたら。失礼いたします。志方さん、お誘いいただけます日を楽しみにしています」なんですもの!!

お誘いいただけます日ですよ、貴方!私は当時も今も社会人ですが(大笑)、せいぜい「楽しみにしていますor待っています」くらいだろうなぁ・・。言葉の使い方を知らないって事にはなるんでしょうが・・。

そして。最後が、真弘くんのお母さんの話が、今ひとつこなれていなかったかな?と言うこと。6人兄弟の下から2番目なのに、母親が一人だけ違うって事は、彼だけが浮気?の果てに生まれた子って事になるのでしょうが。
実際にはそうじゃなかった!って事ですよね?
で、その残り5人のお母さんは、アメリカから戻ってきて一番末っ子(善弘くん)を産んでいるのだから。アメリカから戻ってきて、メイクラブしちゃったわけよね??
それって・・真弘くんのお母さんを本妻に据えようとしたお父さんの行動とも思えないんですけど。お父さんが、そこで、善弘くんが生まれてくるきっかけになる事さえしていなかったら、おそらくは真弘くんもそこまで悩まなかったはずよね?
自分と他の兄弟は、年が離れている。と言うことは、母親に何かあって、自分の母親と出来てしまったのだ・・くらいで済んだのに。自分の下にまだ兄弟がいるって事は・・みたいな・・・
でも、真弘くんは最初はお母さんと一緒に暮らしていたはずで・・。妊娠していた事も知らなかったお父さんは、どこで真弘くんを自分の子として戸籍に入れることが出来たんでしょう??
の前に、この兄弟って皆さんが「弘」と言うお父さんの一文字を全員受け継いでいますが。。お母さんが、ちゃんとその意図を組んで名前をつけたんでしょうか?
うーむ・・・なんか、もういいや・(゜゜)\バキッ☆

まぁ・・・二人が幸せに暮らすのなら、別にそれはそれでハッピーエンドだろうし。一生懸命に演じられた林さんと石田さんには、本当にお疲れ様です。
林さんも、老けている高校生だけど爽やかでしたし。優しい明紀くんで、甘甘でしたしね(^-^)。
石田さんは、感極まって「愛してる!」と抱きつくシーンなど。あぁ・・やっぱりBLから撤退されたのは惜しいよねぇ・・・と今更ながら思っておりました。


梨園の貴公子

2008.03.27 20:39|CDら・わ行
先日、携帯を買い換えました。今までがMovaで苦労していたので(苦笑)、やっとやっと!!FOMAに買い換えることが出来た!と言うところなのですが・・。
その機種変更での待ち時間で、ドコモショップの近所の書店で。原作をまるまる立ち読みして、いろいろ思った事はあるのですが。
まだ、原作を読んでいない時点でのドラマCDの感想を・・。と言いつつ、何故かアフィリの画像が書籍しかないんですけども。


2008年3月発売梨園の貴公子【新装版】

あらすじ・・・藤村虎之介の写真集を撮影する事になっていた尾上浅葱。しかし、横やりが入り虎之介は海外へ・・。
その代わりに、常磐宗七郎の写真集を撮影しないか?と言う話が持ち上がるが。もともとは、師匠・千石の仕事であった宗七郎の写真集だけに、即座にOKを出せない浅葱だった・・・

キャスト・・・森川智之(常磐宗七郎)×井上和彦(尾上浅葱)

飛田展男(常磐紫川)、安元洋貴(藤村虎之介)、堀内賢雄(千石)、花輪英司(長田)

感想・・・はい。あの!井上さんが初めて受けを本格的に演じた!と言う事で話題になった一枚です。(って、身も蓋もない出だしですね・・でも、正直そうじゃないのかな?・・・でも、あれぇ?そうなると、一応は受けだったはずの腐った教師は801シーンがなかったからノーカウントですか?)
σ(^ ^)が買った理由も、やはり井上さんの受けを聴きたい!でした。攻めが、堂々の帝王・森川さんならまぁ・・OKかと思ったのです。実際には、その前に(後から出た)「オヤジ拾いました。」を先に聴いてしまったのですが。
うーん・・・・正直な話、お話部分はそこまでなかったのですが。BLもののお楽しみである801シーンは、「うーんん・・・・えーっと・・?????」とずーっと頭の中にクエスチョンマークが飛び交っていました。
そう。井上さんの受けは、別にそんなに耳を覆うほど酷いものじゃあなかった。
腐った教師では、それらしいシーンがなかったから思った事はないし。オヤジ拾いました。では、あまり長くなかったのと。最初から「オヤジ」と言うのがドーンと来ていたので、「うーんん・・・えーっと??ぉ??」と悩まずに聴いていたのですが。

確かに、井上さんは一生懸命演じていらっしゃいますし。うわぁ、もう二度と聴きたくはありませんと言うほどの抵抗はないのですが。
なんだろう??千石にも4年の間、そういう関係を強いられていて。今も千石が抱きたい!と執着を示す相手と言うのがねぇ・・。声だけだとそう聞こえないんですね。抱かれたら艶めいて、色っぽくなるの言うのでもないし。井上さんだと、硬質な感じがしてしまうのと、手を出すなんておそれおおい(大笑)からかしらね?
高校生当時に、浅葱を知って。彼に惚れた宗七郎くん・・周囲には、もっと沢山の人が居たでしょうに、他に良い人は居なかったの?(゜゜)\バキッ☆
801シーンを聴いている時に、ずっと「??」だったのも、他に最適なキャストは居なかったのかな?と言うことになりそうです。

直接的に、過去の千石と浅葱のシーンがなかったのは幸いでした。あったなら、私は即座にCDを止めていたかもしれません。
堀内さんと井上さんよぉ??それは、ちょっと聴くのは・・・うわぁ・・・想像しただけでなんとなく嫌。
何?この嫌悪感は・・。自分でも、何をこだわっているのかな?とは思いますが。
森川さんはOKで、堀内さんが駄目なのは。オヤジ臭が強くなりすぎる?いや、違う・・・喘ぎにおけるお二人の声のトーンが辛いのかもしれません。何か、必死な感じとか。。一生懸命な体力勝負の熱演が辛いのかも。

確かに。声だけで、したたるような色気を醸し出す色悪の宗七郎を演じるのは森川さんだ!と思います。そうすると、その森川さんよりも年上で、一本筋が通っていてこれまた本人が美人のカメラマン・・・となったなら。いろいろな方のお声を思い浮かべて、大塚明夫さん、小杉さん?速水さん?大川さん・・・えーっと・・黒田さんに平田さん・・BLにご出演がない方のお名前まであれこれと思い浮かべ。飛田さんは別の役でご出演だものなぁ・・・と考えて考えて。
ハタ!と、カメラマンの浅葱が受けだったんだ!!あぁ・・・・そうすると、塩沢さんしか残らない・・・・・
こりゃ確かに、井上さんが最適なキャストになっちゃうんだなぁ・・・・・と改めて変な納得をしてしまいましたm(_ _)m。

井上さんの801についてばかり書いてきましたが。
他の事について、全く書いていませんでしたねm(_ _)m。

さて!!
お話の方は、上手く出来ていました。浅葱に写真集を依頼した宗七郎くん。何故?については、ちゃんと最初の方の常磐の若旦那についてを同僚が語るシーンから、さりげなく張っている辺りが上手い!!
でもね。結局、最初に助六を見に行った時から浅葱は惚れてしまっているのに。撮影を引き受けようと思っているのに。そこをなかなか言い出せずに居るのは、なんとなくずるい気がしました。
素直に被写体として惚れたと言えば、良いだけの話だったのにね。

また、宗七郎くんの「何故」にも関わる部分ではありますが。自分個人が必要とされているのか?はたまた、器(肩書き)が必要とされているのか?器(肩書き・名前)に入る者としての価値なのか?
一般ピープルでも、多少は感じる事がありますが。能や浄瑠璃・歌舞伎などと言った無形文化財や芸事の世界では、もっともっと濃い悩みとして存在しそうです。あぁ・・確かに。それはあるだろうなと聞いている(読んでいる)人を納得させるだけの説得力と納得感。それが一番上手い!!と唸ってしまいました。
彼は自分の実力や魅力を過小評価しているのか?それとも、天狗にならないように心がけているのか?と言うとらえ方も出来ます。
しかし、人間は揺れる物だと思うので。実力も魅力も兼ね備えた人が、悩んでいると。実力も魅力もない人間は妬ましく思いますが。彼だって人間だったのね・・・と別の親しみやすさが出てくるのかもしれません。
ただし、うじうじと悩んで良いのはある程度までね。あまりしつこく長く悩んでいたりすると、同情ではなく逆に「はぁ??」となりますからね。

キャストに関しては。井上さんはもう十分に語ったのでパスしますが。
安元さんの虎之介くんは、ちょっと軽いながらも良い役で。おどろおどろしく(どういう日本語だ?)喋っていないと、普通の青年じゃない?と思いました。
安元さん同様、ワンシーンだけの出演が飛田さん。森川さんの歌舞伎の台詞が、トークでは話題になっていましたが。飛田さんの方が長くない?古典を見事に再現していらっしゃいましたね。本当に芸達者な方だと感心してました。
実は、このCDを聞き始めて。歌舞伎座に見に来て下さいとあった時。これ、舞台の台詞も音声にするの?うわ・・・と思ったのです。(はい、そこで何がうわ・・・だったのかと追求はしないで下さい)なのに、そんな不安は聞いた瞬間に吹っ飛びました。まさにプロ!ですね。

森川さんも、歌舞伎で見得を切るシーンがあって。あの首を動かす動作が見えるような音を自分で付けていらして。
しかも。出逢った時の傲慢で不遜な態度を取った男と、何故を語って浅葱と抱き合う年相応の若者としての彼と。一枚のCDで何通りもの顔をとても自然に演じていらして。
まさに帝王!!ここにあり!でしたね。

堀内さんは、殴られてうげっ!となった声の話をしていらっしゃいましたが。私としては、登場シーンでの浅葱との会話の台詞の方が「おぉ?」と思って聞いていました。

そうですねぇ・・・お勧めか?と聞かれたら。お話自体は良いのですが。CDとしては、井上さんの受けを気にしないで聞く事が出来る人。堀内さんと井上さんの絡みを想像しても問題ない方になら・・と書いておきましょうかしらね。


ワガママ王子にご用心!

2007.11.30 20:52|CDら・わ行
昨日は、落ち込んだ書き込みをして。いろんな方にご心配をおかけしてしまいました。
ブログも、ホームページも辞めるつもりはありません。今後も、ドラマCDやそれに付属する作品などなどを書いていこうと思っていますので、おつきあいの程よろしくお願い致しますm(_ _)m。

ただ、ちょっと身体の方が不安定な事もあって、気持ちも不安定なのか・・単に疲れているだけか・・まぁ、そういう事も考えてはいるのだと言うことで・・。
気を取り直して。ドラマCDの感想などを・・。


サイバーフェイズCD☆ワガママ王子にご用心!☆

あらすじ・・・10歳の時、父親の経営する会社の大事な取引先相手の子供の遊び相手に・・と紹介された時。その天使のような姿に、倉橋智也はマハティールに一目惚れしてしまった。しかし、マハティールは男の子であっただけではなく。ことある毎に智也を苛める悪魔だったのだ・・・。

感想・・・個人的に!あくまで個人的に、アラブの王様とか貴族とか・・いわゆるハーレムが今でもありそうな世界って、設定的に美味しそうで(大笑)好きなんです。
いや・・媚薬だとか、お金に物を言わせて・・・そして、意のままに従う侍従長だの召使いだの・・なんでもありの世界かな?みたいな所があるので。
だから、砂漠の王様・プリンスが主人公を見初めてと言うお話は、かなり期待して聴き始めるのですが。「ヒットだぁ!」と言う作品にお目にかかった事がない・・・と言うのも、この「砂漠のプリンス」ジャンルだったりするんですよねぇ・・(゜゜)\バキッ☆・・・。
一個くらいは、これは!!と言う作品に出会っても良さそうなものなんですけど・・。BLがお伽噺のファンタジーなら、まさにこの砂漠のプリンス!と言う世界は、そのなんでもあり!に最適だと思うのですが・・。

さて。このお話は、実は第三弾のお話を間違って買ってしまった事に端を発します。
去年の秋。サイバーフェイズさんの全員サービスCDプレゼントフェアで。対象商品を3枚買って、応募券を送りましょう!の時。対象商品(ムーンリット)1枚購入決定でした。で、応募券が1枚手元に届く。じゃあ、あともうちょっと頑張ったら、サービスCDゲット出来るじゃない?と思ってしまって(応募券を無駄にしたくなかったんです・・変なところで貧乏性(大笑))。
その時に、恋愛処方箋は単発作品だからすぐに決定。あともう一枚と言う時に。お話の内容を詳しく読まないで、あぁ・・砂漠のプリンスで、キャストに子安さんや伊藤さん、鈴木千尋さんに成田さんか・・。うん、これで良いか・・と選んだら。そのCDが3枚目だった(大笑)。
シリーズ物は辞めようと思っていたのに・・・おかげで、詳しい事情が今一つで。このまま感想を書くのは避けたいと思って。CD1枚目と2枚目も買わないといけない羽目になってしまったのですm(_ _)m。

はい。聴かせていただいて・・。
いやぁ・・・久しぶりに、あはは・・・と渇いた笑いが出てしまいましたねぇ・・(大笑)。
だって、最初から最後までやりっ放し(゜゜)\バキッ☆。Hシーン以外のシーンがあったっけ?と思わせる内容でして。豪華客船だろうが、ハワイの別荘だろうが。やっているのは一つだけってか??
「あぁあ・・そりゃね、Hシーンはお楽しみシーンとも呼ばれているから。まったくないよりは、あった方が嬉しいけど。ここまでやりっぱってのはなぁ・・・」でため息つきましたもの。

BLにエロは必要か?という話題がありました。そりゃ・・期待はエロですよ。
でも、絶対に必要か?と言われたら。別になくても良い(大笑)・・。多すぎるとうんざりしたり、食傷気味になりますから(だから、南原作品が苦手になったりするんですよね)。
ほんわかと、キスシーンや手をつなぐシーンがあるだけでも満足なドラマCDはあるんです。だから、精神的な繋がりが十分に描かれていたなら、Hやエロは必要不可欠とは思わないんです。
逆に、これでもか!ってくらい連続したり。事ある毎にくっついてみたり。愛が見えないお話は、いくらエロやHが多くても聞いているのが辛い・・・。

このワガママ王子の一巻目は、智也からマハティールに対する愛が見えない・・。
マハティールの綺麗な顔を見たら、何も言えない・・って、顔フェチか?でも、いくら顔が好みだろうと。一日以上航行している船から、救命ボートに乗って逃げ出そう(って、いくらなんでも危ないからね・・)とするほど、命とマハティールのおしおきを天秤にかけるくらいなら、はっきり嫌いだと言えば良いのに・・・。

マハティールは、途中でモノローグとして「好きな子ほど苛めてしまう」シーンがありましたし。その出生のいろいろから、遊び相手になってくれた智也が好きになった事が分かりますが。
いや・・いきなり、鞭打ちごっこってのはねぇ・・苛めると言うレベルか?その後も、顔を見ると苛めていたのなら、そりゃ、顔を見る前に逃げ出したくなる条件反射が出来てしまっているでしょうが・・(^^;。
いやぁ・・突っ込み所満載で。突っ込みがあまりに多すぎて、その気力を奪ってしまうとは!ただ者ではありませんな(大笑)。
南原さんに遠野さんが苦手でしたが、また一人苦手なBL作家さんが増えてしまったかもしれませんな・・(゜゜)\バキッ☆。

さて。キャスト的には。鈴木千尋さんの可愛らしい喘ぎは、いやもう!ちょっと芸術品かも。嫌だとか言いつつ、ずーっっと喘ぎっぱなしでしたね・・。モノローグもあるし、喘ぐシーンも多かったし(多すぎるほどに)いやはや、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m。カシム家のテリトリーである別荘から抜け出そうとする時も、誰かの飛行機やクルーザーに忍び込めば良い・・って。パスポートとかそういう物の存在を忘れているんですよね。先の航行中の客船から逃げ出そうとするシーンと言い、大学出ているんだよなぁ?と思ってしまうほどのおバカさん加減が、この智也くんなら仕方ない?って思えてしまうからマジックです。(褒め言葉ですよ!)
そして、自分自身がSだから・・・とおっしゃる子安さん。トークで、鈴木千尋さんから「時々子安さんの可愛さが見えた」と言われていましたが。私も、冒頭のパーティには出ない!と駄々をこねていたのに。シェリク侍従長の口車に乗せられて、「着替えるぞ」と言う台詞。
この急に機嫌が直っての「着替えるぞ」は、まさにワガママさが爆発していて可愛かったですねぇ(^-^)。

老獪な!いかにも、全てを取り仕切っています!のシェリク侍従長は、若本さんが穏やかに演じていらっしゃいました。
マハティールの兄のジャミル様の堀内さんは、出番はあまり多くないものの。千葉さん演じる高田秘書と何かあります?と言うシーンがちょっと印象に残りました。
お相手未遂?と言うか、裏の策士の高田役千葉さん・・寝ぼけて起きた智也が「高田ぁ!」と言ったのに対して「ディカプリオに見えるとでも?」と言う台詞に、大受けしてしまいました。いやぁ・・やめてぇ!!
このトーンの千葉さんの声は、好きですねぇ・・。契約の為なら社長令息であろうと売りつけてしまう。自分の身体も、おそらくは・・・と言うような企業戦士。単刀直入に、マハティール殿下は下手なんですか?と訊いたり。裏主役かもしれないとすら思っておりました。


最新記事

最新コメント

本日のお客様

プロフィール

ソミュラ

Author:ソミュラ
アニメやドラマCDが大好きな声優オタクです。
楽天から、お引っ越ししてきましたm(_ _)m

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも一覧


いつだって迷走中

□■彼方■□

タッ君の映画の部屋

ふみのブログ

BLUE&BLUE

おぼろ二次元日記2

部屋が本で埋もれそう

SOLILOQUY 2

今日も明日も明後日も♪

Sweet Voice Cafe

眼鏡で小躍り♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。