スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインツリーの国

2012.07.10 22:49|読書
レインツリーの国

作:有川浩

レインツリーの国 (新潮文庫)レインツリーの国 (新潮文庫)
(2009/06/27)
有川 浩

商品詳細を見る


あらすじ・・・

高校生を主人公にしたライトノベルス。
その感想が書かれたサイト・レインツリーの国

10年前・中学時代に嵌った小説の感想に、共感を覚えた俺:伸行は管理人・ひとみにメールを送る。

共通の想い出のある作品から始まったメールのやりとりをきっかけに、俺はひとみに恋心を抱くようになる。

会ってみませんか?

伸行の熱意にほだされる形で、最初は拒否していたひとみもOKを出すが・・・
感想

この作品、アニメにもなった図書館戦争とリンクしている作品なのだそうです。
もともと図書館戦争の中に入っているエピソードの本と言う形だったのが、ちゃんとした話になったのだそうです。
(しかも!!石田さん演じる小牧が絡む話よ!)

DVDには収録されているものの、TVアニメとしては放送されなかったエピソード。
それは、このお話が扱っているヒロインに理由があります。

そこを書くとネタバレになりますが、私は文庫の背表紙のあらすじを読んだだけで「あぁ・・・」と分かりましたので。
きっと皆様もその理由は分かる事と思います。

そう・・貴方が今、思っている通りです。
このヒロインは実は・・・

その通りですよ!!
それこそが図書館戦争のアニメで、この本が出てくる話が放送出来なかった理由にもなります。

アニメ化する時の条件として、この話は放送出来ません・・と呈示されたのだそうです。

逆に。
なんだかねぇ・・・・
それを敢えて放送しなかったと言う姿勢事態が、差別に繋がっているのじゃないかしら?

どう思います??


さて。
この本、純然たる恋愛小説なのですが。
読んでいる途中で痛くて痛くて・・・

主人公の俺に
「もう、止めておきなよ・・・そんなややこしい相手は放っておきなよ」と言いたくて言いたくて。
その一方で、彼が彼女を見捨てない事も嬉しい。

なんか、無茶苦茶矛盾してないか?自分・・・
どちらかと言うと、ヒロインのささくれにイライラしつつ読んでいたのに、何故??


何度も読み返しながら
何がどう痛かったのか?矛盾しているのは何故?と自分に問い直していたら。

双方に自分を投影してしまうから。
ヒロインの心の在処が分かるから・・・!!と言う理由に辿り着きました。

サイトに小説の感想をアップしているヒロイン。
それって、自分が常日頃やっている事じゃないか(大笑)

そして・・・一方の主人公の行動も、自分が常日頃やっている事だ(大笑)

何しろ、お友達の所からサーフィンしたり
検索をかけて出てきた感想サイトを読んでいるうちに、共感を覚えて
リンク申請したり、お友達申請したり・・って、ヒロインも主人公も自分だったんだ!!

この感想を読まれている貴方も、そうでしょう??
小説やアニメ、CDなどメディアはいろいろあるでしょうが!!
(あ、ゲームと言うのもありね)
遊んだ・読んだ・見た・聞いた等の感想を書かれたサイトを訪問し、おそるおそるメールやコメントを書いてレスが来た時のときめき(^^)v
常連になってやりとりをしているうちに、もっともっと仲良くなるケースって多いですもの。

だから、そんな二人には是非とも!仲良くなって欲しい!!
恋愛が成就して欲しい!と思ってしまうのは、これはきっと貴方にも分かっていただける気持ちかと思います。

と言いつつも、読んでいて痛いと言うのは

メインの視点が主人公視点なので、ビシバシ突き刺さるヒロインの棘やささくれが痛い。

気持ちは分かるが、そこまで言う事ないじゃん?

うーん・・・・結局は「恋愛は先に惚れた方が負け」って事か?なんて思ってしまうんですよね・・

いや・・・それを書いたら、普通キレル。

この主人公は、よくぞそこで「書いている君が泣いている」と読み取ってくれたよね。
私なら、パッと読んだだけでむかついて削除しちゃうぞ・・・・。

実際に書きながら泣いていたとしても、文字だけのメールでそこまで通じるかな?
主人公、大人じゃん!!

だから、止めておきなよ・・と思いつつも
ヒロインを見捨てないで居て欲しい!!(やっぱり矛盾や)

何しろ・・ヒロインの気持ちも分かるのよね・・・

自分はこんな枷をおわされてしまった。
自分はこんなに苦労している。
その事で、今までに沢山たくさん傷つけられてしまった。

こんなに苦労している自分なんだから、もっと周囲は自分をいたわってくれて良いはずだ。

労ってくれて良いはずだ・・が書きすぎなら、もっと周囲は自分を大事にしてくれても・・とか
自分の我が儘は通って良いはずだ・・・・

それも書きすぎなら、
貴方には私の傷は分からない!!!
貴方は、分かるよ・・と言うけれど。

絶対に分かるはずがないじゃない!!
だって、貴方は私と違うんだもの!!

それを言う事で、相手との壁を強固な物にしているよなぁ・・・
近づこうとしている相手に出す究極のダメ出し。
分かろうとしている相手の行為も好意も、全てを否定しちゃっているじゃない?

と小母さんは思いますが、青春菌の二人は一生懸命です。


ほら、分からない。
壁を乗り越える事が出来ないでしょ??

そういう言い訳をするヒロインの気持ちは小母さんにも分かるから、辛い。

同じ人間が居ないように
顔が違うように
住んでいる場所や環境、家族構成から何から何まで違う。

だから、100%何も心配も不安もなくハッピーラッキーに過ごしている人ばかりじゃないと分かっていても。
辛い事がちょっとあると、自分一人が苦労しているつもりになってくる。

うわぁ・・うわぁ・・・そういう言い訳って、結構自分には許すよね(゜゜)\バキッ☆
うん・・その構造が分かるから、余計に痛いのよ・・(^^;
自分がヒロインだったとしても、そういう行動に出るよな・・うんうん・・・

そして、お話は・・と言えば。
冒頭の二人を結びつけたライトノベルに、二人の今がリンクしていきます。

ひとみがサイトにつけた「レインツリーの国」
まだまだ前途多難な二人でしょうが。
レインツリー・・の花言葉を思う時、虹が見える気がしたのは私の気のせいでしょうか?

さて。
出版社を越えて、表紙がリンクしている事も書いておきましょう!!

レインツリーの国の表紙は、紙飛行機と言うのを覚えていて下さいね!!
そして、角川の図書館戦争でチラッとこの紙飛行機が飛んでいる表紙があるんですよ!!

私、積読の角川文庫で確認しちゃいましたよ(大笑)

図書館内乱  図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)
(2011/04/23)
有川 浩

商品詳細を見る


ほら・・・紙飛行機が飛んでいるでしょ??

あぁ・・でも、もっとハッキリしているのはハードカバーですね・・
こちらには、はっきりとレインツリーの国の文字も見える!!

図書館内乱図書館内乱
(2006/09/11)
有川 浩

商品詳細を見る


この本を読んでいる時に、ちょっといろいろありまして。

あとがきにあった

「何度でも自己嫌悪するしかないのだと思うようになりました。
常に適切な振る舞いができないとしても、その度にそんな自分を思い知ることは無意味じゃない。
そう信じるしかない。次から気をつけよう、何度でもそう思うしかない。
立派で正しい人になれないのなら、間違って打ちのめされる自分でいるしかない。
少なくとも、何も感じなくなるよりは間違う度に打ちのめされる自分で居たい。」

にとても感動しておりました。

この言葉を、日々四苦八苦しつつ一生懸命に前進している全ての人に・・・
そして、自分自身に。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等
ジャンル:小説・文学

コメント

No title

ども!!マイミクのブログの使い方がよく分かっていない方、タッ君です。

何時もながらソミュラさんの粗筋の書き方に尊敬の念を覚えます。
自分で感想のブログを書いてみると、他の人よりも上手く話を書きたい、
でもネタバレしない程度に抑えたい。
難しいですよね。

ライトノベルは昔から嫌いではないんですよ。
スニーカー文庫とか朝日ソノラマ文庫とか読み漁りました。
ラノベの感想って特に難しいと思います。

昔、幽白の映画で炎の絆ってありましたよね。
ソミュラさんも気に入ると思いますがVHSでしか売っていないんですよね…

タイムリーですね~

有川さんの作品だー。
この話は確かに放送するには賛否両論になりそうですよね。
私もそれに近い状態ではあるので、なんとなくではありますが理解は出来ます。

ただ、

>絶対に分かるはずがないじゃない!!
>だって、貴方は私と違うんだもの!!

これはねー、状況からしたら言いたくなるのは分かる。(実際に似たような事を言われたから。)
でも、これを言われちゃうと、何も言えないし、手を出せなくなっちゃうんだよね。
場合によっては、それを言われた相手が諦めてしまう場合も。
若さで乗り越えられる状況ならいいですけどねー。

ホントこういう人の心の中のことは難しいですよね。

有川先生のあとがきの言葉も、あまりに今の現状合いすぎて、耳に(目に?)痛かったです^^;


・・・・・あ、何か脱線してしまいましたね^^;スミマセン。

話は戻しまして。
有川先生と言えば、私は今は「図書館戦争」の話題の方が熱いかな。
しかもアニメ、いや劇場版!
TVアニメの方は途中までで終わってしまったので、ずーっと待ってたんですよ!映画化!

やっと来たー!!って感じですね。
しかし・・・・・やってる劇場が少ないってのがネック^^;
遅れて、何とか豊橋でもやってくれることになったらしいので、なんとか休みの日に
見に行けそうですが、それがなかったら、名古屋か静岡でしたよ・・・・・
あぶないあぶない・・・・。

まだ上映期間が分からないので、待ちですが、見れるようになったら行くぞー!!
それが今唯一の楽しみだったりします♪(あ、あとこれのwebラジオも♪)

有川さん

先日、元職場に行って友人と会い、有川作品のことをまた進められました
彼女は私とちがって広くいろんな小説を読まれてるので
もうちょっとしたら有川作品に手を出していこうと思ってます

「図書館戦争」だけは全巻読んで・・・
主人公のパワフルさに元気をもらった気がします

映画を見に行きたいんですけど・・せっかく静岡で
上映されてるんですけど・・時間が夜だけのようなので
とても見に行けません
やっぱりDVDになるまで待つしかないのかな~


お元気でしょうか?だいぶご無沙汰してしまいました
九州地方がひどいことになっているので心配でした
本当に早く梅雨が明けて欲しいです

Re: No title

> ども!!マイミクのブログの使い方がよく分かっていない方、タッ君です。

ども!!マイミクのブログは自分のメモ帳と思っている方、ソミュラです。
ん~~最初は、聞いたCDでこれが薦めたい!を書きたいとして始めましたが。
そのうちに、どうも愚痴の比率が高くなり(苦笑)最近はどうも何を読んだか聞いたかのメモになっている気がします。

> 何時もながらソミュラさんの粗筋の書き方に尊敬の念を覚えます。
> 自分で感想のブログを書いてみると、他の人よりも上手く話を書きたい、
> でもネタバレしない程度に抑えたい。
> 難しいですよね。

でしょ?ネタバレなしで・・ってのは、結構プレッシャー(大笑)
感想ブログの常として。
自分が読んだ時に楽しい書き方を考えています。
ネタバレしてあっても気にならないものもありますし、そうかと言って
全てを書かれるとねぇ・・

特に新刊関連は気を遣います。
まぁ・・誰もが知っているタイトルになると、いっか・・・になってきますけど。

> ライトノベルは昔から嫌いではないんですよ。
> スニーカー文庫とか朝日ソノラマ文庫とか読み漁りました。
> ラノベの感想って特に難しいと思います。

このお話はライトノベルが恋愛のきっかけになっているみたいです。
作者さんのオリジナル話かな?と思っていましたが、巻末の参考文献に
朝日ソノラマのシリーズタイトルが並んでいましたので、それかな?と思ってます。
琢哉様は読まれてかな?

私もスニーカーやソノラマはかなり読んだ方かも?

> 昔、幽白の映画で炎の絆ってありましたよね。
> ソミュラさんも気に入ると思いますがVHSでしか売っていないんですよね…

んふふ~~鈴置さんが悪役のやつですよね?
以前、ケーブルで放送があって3倍速?か何かでDVDに録画してます。
今だったら、BDにノーマルで(大笑)録画するのになぁ・
そのうち、また映画の放送しないかなぁ?

Re: タイムリーですね~

おはようございます、みなつき様

> 有川さんの作品だー。
> この話は確かに放送するには賛否両論になりそうですよね。
> 私もそれに近い状態ではあるので、なんとなくではありますが理解は出来ます。

このお話を小牧が幼馴染みに勧める・・と言うことで、タイトルが出てくるそうです。
ただ、その相手がこの作品のヒロインと同じ障害なんですよ・・・
だから放送はされなかったの。

> これはねー、状況からしたら言いたくなるのは分かる。(実際に似たような事を言われたから。)
> でも、これを言われちゃうと、何も言えないし、手を出せなくなっちゃうんだよね。
> 場合によっては、それを言われた相手が諦めてしまう場合も。
> 若さで乗り越えられる状況ならいいですけどねー。

そうなんです。究極の拒絶文句ですよね!!
相手がどんなに近づこうとしていても、それを言ったらお終いよ!!
私も何度となく、主人公がひとみを諦めるのでは?と思いましたもの。
若さと言うか、最初に好きになった方だったのかな?
そこまで好きになったの?みたいな・・・(^^;

> ホントこういう人の心の中のことは難しいですよね。

はい・・でも、そういう流れは分からないでもないかな・・と読者を引っ張るところが上手いです。

> 有川先生のあとがきの言葉も、あまりに今の現状合いすぎて、耳に(目に?)痛かったです^^;

私も未だに痛いです・・

> 話は戻しまして。
> 有川先生と言えば、私は今は「図書館戦争」の話題の方が熱いかな。
> しかもアニメ、いや劇場版!
> TVアニメの方は途中までで終わってしまったので、ずーっと待ってたんですよ!映画化!

良いなぁ~~宮崎はTVアニメも放送がなかったからなぁ・・
劇場公開するかしら?

> やっと来たー!!って感じですね。
> しかし・・・・・やってる劇場が少ないってのがネック^^;
> 遅れて、何とか豊橋でもやってくれることになったらしいので、なんとか休みの日に
> 見に行けそうですが、それがなかったら、名古屋か静岡でしたよ・・・・・
> あぶないあぶない・・・・。
>
> まだ上映期間が分からないので、待ちですが、見れるようになったら行くぞー!!
> それが今唯一の楽しみだったりします♪(あ、あとこれのwebラジオも♪)

是非!!大画面で見て感想を教えて下さいね!!
私、きっとDVDでレンタルしちゃうと思います(大笑)

Re: 有川さん

おはようございます、ぶっく様

> 先日、元職場に行って友人と会い、有川作品のことをまた進められました
> 彼女は私とちがって広くいろんな小説を読まれてるので
> もうちょっとしたら有川作品に手を出していこうと思ってます

是非!!BLの合間に手を出してしまって~~
この本だったら、図書館戦争ともリンクしているし薄いよ~~(大笑)
きっとぶっく様ならすぐに読み終わると思います。
そうすると、お友達との会話も弾むと思いますよ。
お友達もぶっく様と有川作品を語り合いたいのだと思います。

> 「図書館戦争」だけは全巻読んで・・・
> 主人公のパワフルさに元気をもらった気がします

これは最初から5巻とかドーンとあるので(大笑)
まだ手が出せていません(^^;
巻数の少ないのから手を出すって、どういう心理だろう?

> 映画を見に行きたいんですけど・・せっかく静岡で
> 上映されてるんですけど・・時間が夜だけのようなので
> とても見に行けません
> やっぱりDVDになるまで待つしかないのかな~

私もDVDになりそうです。
上映館があるかどうかも分からない(;_;)
宮崎市だったら、見に行けないしなぁ・・(^^;

> お元気でしょうか?だいぶご無沙汰してしまいました
> 九州地方がひどいことになっているので心配でした
> 本当に早く梅雨が明けて欲しいです

本当に、今年の豪雨は一体・・と言う感じです。
屋内がずっとじとじとしています・・しくしく・・・
野菜が高いし、ワルイ品ばかり出ていて困ります!!
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【レインツリーの国】

レインツリーの国作:有川浩レインツリーの国 (新潮文庫)(2009/06/27)有川 浩商品詳細を見るあらすじ・・・高校生を主人公にしたライトノベルス。その感想が書かれたサイト・レインツリ
最新記事

最新コメント

本日のお客様

プロフィール

ソミュラ

Author:ソミュラ
アニメやドラマCDが大好きな声優オタクです。
楽天から、お引っ越ししてきましたm(_ _)m

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも一覧


いつだって迷走中

□■彼方■□

タッ君の映画の部屋

ふみのブログ

BLUE&BLUE

おぼろ二次元日記2

部屋が本で埋もれそう

SOLILOQUY 2

今日も明日も明後日も♪

Sweet Voice Cafe

眼鏡で小躍り♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。